×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

ある法則で出来たキーワードで短編の文章を書き、それをのっけていく場所です

ある法則とは、「物語の体操」にも載っている“あの”方法です

 

知らない人のために軽く引用説明

まず、適当に厚紙か何かを切って、24枚のカードを作ります。
そして、そのカードに下記の文字を書いていってください。

┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓
┃意志┃清楚┃理性┃秩序┃知恵┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃誓約┃善良┃節度┃至誠┃生命┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃寛容┃解放┃調和┃創造┃信頼┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃公式┃変化┃結合┃厳格┃勇気┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛
┃幸運┃庇護┃治癒┃慈愛┃
┗━━┻━━┻━━┻━━┛


そしてそれをシャッフルしたのち、文字を見ないように、以下の配置に並べてください。
逆さまでもかまいません。
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛

実はこの配置は、このような体系を示しています。
         ┏━┓
         ┃4 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃3 ┃┃1 ┃┃2 ┃┃6 ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃5 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
1:主人公の現在
2:主人公の近い未来
3:主人公の過去
4:援助者
5:敵対者
6:結末(目的)

 

カードの単語は、その体系の状態を示しています。
逆さまに配置してしまった場合は、その単語の逆の状態を示しています。

例えば、選んだカードが
「1:創造」「2:解放(逆さま)」「3:厳格(逆さま)」「4:慈愛」「5:秩序」「6:生命」
だった場合、

主人公は以前は【厳格(逆さま)】で、今は【創造】の状態にある。
その後【解放(逆さま)】の状態を経て、最終的に【生命】の状態に行き着く。
その時援助してくれるのは【慈愛】であり、敵対するものは【秩序】である。

という物語の展開に結びつけることが出来ます。
あとは、そこに適当な世界観やキャラクターを当てはめていくだけで
<おはなし>が作れちゃうのです。

大事なのは、カードの単語を見ないで、ランダムで配置すること。
与えられた物語の「状態」だけでいかに
物語そのものを思いつくことが出来るか、
が重要なのです。

 

要は、私が練習で書いた文章を載っけていくだけです